MITO-TVは水戸の地域密着型コミュニティサイトです

 
トップページ ショップ検索 掲載について 取材レポート

TOP > 最新レポートch  > 梅まつり現地取材レポート
  24時間放送
 
梅まつり特集メニュー
     
野点茶会 / ひな流し / 謡と仕舞の会 / 水戸の味市

行ってきました! MITO-TV現地レポート! ◆2008年3月2日(日) 晴れ 開花状況:1200本
水戸の梅まつり写真1  
水戸の梅まつり基礎データ!
さすが偕楽園。梅の満開にはあと少しという時期でも、各地から多くの観光客が訪れました。偕楽園の開園は午前7時から午後6時まで。入園は無料。3月8日は午後9時まで開放され、梅林のライトアップが楽しめます。

もはや偕楽園だけでは語れない?
圧倒的な品種の梅木がある偕楽園では、開花時期が微妙に異なり、それが40日近い観梅を可能にしています。
その期間中、県立美術館、芸術館、弘文館など様々な公共施設や近隣の飲食・小売店なども賑わいを見せます。それらを自分流にチョイスしてこその「水戸の梅まつり」。MITO-TVでは、水戸全体で表現する「梅まつり」をご紹介していきます!

水戸の梅まつり写真2   水戸の梅まつり写真3   水戸の梅まつり写真4   水戸の梅まつり写真5

 

野点茶会(石州流) 10:00〜 見晴広場
野点写真1  
■偕楽園の空の下
風も少ない好天に恵まれ、園内の見晴広場では恒例の野点茶会が行われました。 ベージュ色の芝に映える真紅の敷布の周りに、三々五々観客が集まります。 清潔・清浄さを以て、景色に心を奪われすぎてもいけないし、興がのりすぎて雑談のようになってもいけない。屋外で行う茶会、野点(のだて)は茶道の中でも難しい位置づけだそうです。

■大名と武士の茶道
元々野点は、狩りや野遊びを「野掛(のがけ)」と呼んだ戦国時代に始まっています。 この日の茶会は、折りしも石州流の主催。武家の茶人、片桐石州貞昌を祖とするこの流派ならではの野点を、堪能できたのではないでしょうか。

■一般参加で和やかに
早春の空気の中、諸先生のご指導で一般参加者も「凛として優雅な」野点茶会独特の世界に没頭できたようです。参加された方の中のお一人は、好天に恵まれた野点と、何人かの小学生が参加し、茶道の世界を体験していたことを、とても喜ばれていました。


野点写真2 野点写真3  

 

水戸のひな流し(常磐和紙人形会) 11:00〜 梅桜橋エレベーター前池
ひな流し写真1  
■ひな流しの源流とは?
源氏物語にも登場する「ひな流し」は、3月3日上巳の節句に、流し雛として人形(かたしろ)を川に放つことで穢れを流し、災厄払いを願う行事が始まり。やがて雅を競う宮中での「ひいな遊び」を経て、現在のひな祭りへと続きました。

■時代は移れど変わらぬ描景
この日も吐玉泉から少し降りた小川で、神主さんのお払いの後、梅大使のお6人を皮切りに、厳かにひな流しが始まりました。
和柄の紙で作られた小さな六角形の舟が色とりどりに流れる様は、遠く平安の頃から変わらない景色なのでしょう。

■ボランティア巫女が大活躍
ひな流しの紙舟は、常陸和紙人形会の小学4年生から高校1年生の女子が中心に配布しています。着物姿の可愛い巫女役が、懸命に紙人形と思い札、紙舟を来園客に手配りしていました。


ひな流し写真2 ひな流し写真3  

 

謡と仕舞の会(水戸謡曲連盟) 11:00〜 常磐神社能楽殿
謡と仕舞の会写真1  
■神に奉納する謡と舞
謡(うたい)と仕舞い(しま-い)は、いずれも日本の伝統芸能、能を構成する演技です。
これにお囃子(楽器)が入り、演者(シテ)が装束・面を使うと本来の能。つまり謡と仕舞いは、能の略式上演形式ということになります。

■同じ音楽劇でもオペラとはちょっと違う
舞台となるのは常磐神社能楽殿。地謡が始まり、演者が独特の動きで舞う。偕楽園内の喧騒を少し離れて、静かな境内に謡の声が響きます。
オペラが貴族の娯楽として格式を築いたのに対し、能は田楽など庶民の祝祭が発祥。
この日の謡と仕舞いも、奉納としての意味合いが濃く、五穀豊穣・平和への祈り、そして感謝を表す演舞なわけです。水戸謡曲連盟、演者の真剣な眼差しが、とても印象に残りました。


謡と仕舞の会写真2 謡と仕舞の会写真3  

 

水戸の味市 千波公園徳川光圀公像前広場
水戸の味市写真1  
■偕楽園から歩くことしばし
偕楽園南側から偕楽橋を渡って千波湖畔に向かうと、常設の休憩所「好文茶屋」があります。晴天で乾燥度が高かったこの日は、名物の梅ソフトクリームが飛ぶように売れていました。偕楽園から歩いてくると、丁度よいタイミングで休憩できるスポットです。

■水戸は納豆だけじゃアリマセン
光圀像を過ぎると味市のアーチが見えます。お昼時、特設ステージを擁する広場ではどの観光客もおくちをモグモグ。
できたてパンから干し芋、そば、クレープ、日本酒と様々な出店が集まる味市が開催されています。(3月1日〜31日の土・日曜日)

■どんだけ健康になるんだ!
中でもMITO-TV取材班が「お!」と思ったのは「ねばり丼」。納豆はもちろん山芋、芽カブ、オクラなどネバリ系勢揃いの丼です。思ったよりクセがなく、思わず「ウマー」。まさに健康丼!他では、近年話題のローズポーク(豚肉)を使ったサンドイッチも美味。
週末にご予定の方は、ぜひご賞味下さい。お薦めです。


水戸の味市写真2 水戸の味市写真3  
 
CM斧E叩/td>
MITO-TVコマーシャE/td>
ぷEァΚ知らせ/td>
MITO-TVプE璽鵐肇泪ジン「ぷぁΟァψはしばらくお休みとなります。br /> 春から装いも新たに「アE垢凌后廚寮験莨霾鵑鬚届けすぁ縦蠅任后br /> お楽しみに!!

MITO-TVとは… | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 会社概要 | 掲載店募集 | 採用情報 | site map
copyright (c) MITO-TV All Rights Reserved.