MITO-TVは水戸の地域密着型コミュニティサイトです

 
トップページ ショップ検索 掲載について 取材レポート

TOP > 最新レポートch  > ほたるの里から〜岩間
  24時間放送
 

ほたるの里から〜岩間

 学校の校庭でさえ土ではない都心に比べて、茨城県はまだまだ自然豊かであると言えるでしょう。けれどもずっと茨城に住んで、地元の移り変わりを体感してきた人にとっては、昔に比べて自然の恵みが減っていると、はっきり感じられると思います。
 私個人の両親の実家は茨城北部の山の中で、毎年お盆の頃になると親戚一同が集まり、子どもたちは野や山や川を自由に遊びまわってました。昼間は川で泳ぎ、魚を追いかけ、採りたてのとうもろこしを食べて、夜になると花火をし、一面のホタルを追いかけ、いとこ同士枕を並べて眠った記憶は、今も大切な思い出として心の中にあります。
 生活が便利になってくると同時に自然からの恵みはどんどん減ってきました。川は護岸工事により魚が消え、農薬などの汚染により泳げなくなり、本当の暗闇がなくなりました。カブトムシやクワガタ、ホタルは減り、その姿を見なくなっています。子供達が本当の自然に触れられる機会は激減しているのです。また、減っているのは自然のモノたちだけではありません。より便利な暮らしを求めて過疎化していく農村地帯。少子化による子どもの数の減少。問題点は枚挙に暇がありません。そんな中で笠間市の岩間地区の皆さんは、ホタルを旗印に上げ、地域の活性化に力を尽くしています。今回MITO-TVは、駒場ホタルの会の斉藤碩一会長と斉藤悦男さんにお話を伺い、現地を取材してきました。

■ゲンジボタルとヘイケボタル
 
 ここ岩間では、5月末頃から8月初旬に野生のゲンジボタルとヘイケボタルを見ることができます。ゲンジボタルは六月中旬ぐらいが見ごろで、ヘイケボタルは7月の初旬ぐらいが見ごろとなります。どちらも夜8時から9時頃がピークです。
  ゲンジボタルはホタルの代表格で、しっかりとした光を放ちながら乱舞します。ヘイケボタルは光り方はゲンジボタルよりもやや弱く、飛ぶのも苦手ではありますが、数が多く、光の点滅も早いので見応えがあります。どちらも強い光を苦手とし、キレイな水を好むので、現代においてはその生育環境がポイントとなります。


■自然との付き合い方
 この辺りは、愛宕山からのキレイな湧き水が流れ込む、田園地帯。豊かな自然が多く残っている場所です。一年のほとんどを幼虫ですごすホタルにとって、キレイな水と、エサになるカワニナ・タニシなどがいること、棲み処を荒らされないことが理想的な環境です。駒場では年々減少していくホタルを守るために、地元の有志の方々が集まり、斉藤会長を筆頭にして、環境の保全が行われてきました。湧き水を引いて棚田を作り、カワニナを養殖したり、周囲のゴミ拾いをしたりといった活動をしています。除草作業も行うそうですが、薬などを使うわけにはいかないので手作業で、尚且つあまりキレイに取りすぎてもいけないので加減したりしなければいけません。一年を通して大変な作業量となります。それを会の方々は各自仕事を持ちながらもその合い間に行っているのです。
  岩間のホタルを守るという強い志に、行政も積極的に協力してくれているそうです。場所もインターネット上で公開していて、県のホームページなどを見た方が訪れて来るのですが、ホタルよりも見物の数の方が多くなってしまったりとか、中にはマナーの悪い方もいてゴミを放置していったり、ホタルを持ち帰ってしまったりなど、苦労も絶えません。しかし、多くのホタル生息地が保護の為に出来るだけ場所を公開しない中で、岩間が場所の公開に踏み切ったのは、ひとえに「ホタルを見た時の感動を多くの人に味わってもらいたい」「子供達が大喜びする姿を見たい」という思いからなのです。そんな思いをバネに、駒場ホタルの会のみなさんは今日も環境整備に力を注いでいます。

≪ホタルを見る時の注意点≫
  • ゴミは必ず持ち帰ってください。
  • ホタルは強い光を嫌います。車は指定の場所に止め、歩いて見ましょう。
  • 池や棚田など付近に魚などを放流しないでください。
  • ホタルやカワニナなどを持ち帰らないでください。
  • 田や生育地など、道路以外の場所にむやみに足を踏み入れないでください。
  • 危ないですから、小さなお子様だけで遊ばないでください。
斉藤碩一会長
斉藤碩一会長
  岩間地区駒場近辺
岩間地区駒場近辺
  カワニナの繁殖地
カワニナの繁殖地
 本来、ホタルの時期は初夏であるのに、特集記事をあえて時期をずらしてUPしました。取材自体はすでに、5月、6月、7月と行っていたのですが、内容の影響を考えて9月UPの運びとなりました。
 今、幼虫たちは来年の初夏に向けてがんばって育っています。会のみなさんが通年、環境保全に努めているように、私たちも来年のホタルの季節に向けて、出来る事をしていきたいと思っています。(隊長)

 

 
CM斧E叩/td>
MITO-TVコマーシャE/td>
ぷEァΚ知らせ/td>
MITO-TVプE璽鵐肇泪ジン「ぷぁΟァψはしばらくお休みとなります。br /> 春から装いも新たに「アE垢凌后廚寮験莨霾鵑鬚届けすぁ縦蠅任后br /> お楽しみに!!

MITO-TVとは… | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 会社概要 | 掲載店募集 | 採用情報 | site map
copyright (c) MITO-TV All Rights Reserved.