MITO-TVは水戸の地域密着型コミュニティサイトです

 
トップページ ショップ検索 掲載について 取材レポート
TOP > 最新レポートch  > いばらき物語 〜花火職人の世界・野村陽一〜
  24時間放送
 

いばらき物語 〜花火職人の世界・野村陽一〜

 昼間の暑気もおさまって、夕風の涼しさにほっと一息。夏の夜を彩る打上げ花火。
 いばらき物語、第4回目は1発わずか5秒の刹那に匠の技を表現する、花火職人の世界。
明治8年に創業。以来4代に渡って花火一筋に130年、伝統を守り続けてきた職人の系譜がここ、水戸にあった。
野村花火工業・野村陽一さん。日本を代表する花火師です。
 
■代々続いてきた花火職。 変わらないもの変わったもの
 日本の花火の特徴「菊型花火」には、基本的な技術が凝縮されている。 きちんとしたこの菊型を上げられることがまず重要で、その技術をベースに花火師各々の独創性や打上げ環境など、時代や観客に合わせた要素が必要になってくる。
 伝統的な菊型「10号玉」を中心に、この圧倒的な技術力で全国の競技大会を勝ち続けているのが、水戸が誇る花火師・野村さんだ。
■打ち上がる、ただ1発のために
 夜空の花火に色を着ける「星」と呼ばれる火薬玉がある。大玉に詰めるこの星のひとつひとつに、一日0.5mmずつ丁寧に火薬を塗り、数か月かけて直径2cmほどに育てる。
 野村さんはそのために1年間、ひたすらこの地道な作業を繰り返す。毎日欠かさず星の成長過程を入念にチェックし、大きさに不揃いがあれば、躊躇なく捨てる。
 星の大きさが完璧に揃っていないと、花火の広がりにばらつきが生じてしまう。
 そこに妥協はない。花火職人の技術とは、つまりこういうことなのだ。
花火についてお話をお聞きしました 火薬玉  
【野村さんにお聞きしました】

[Q]一般的に花火師のお仕事は、夏のイメージがありますが
 誤解されている方も多いかもしれませんが、花火の仕事は年間通してあります。
 祝い事やイベントとか、もっと花火を上げる事をポピュラーに考えてもらえるといいですね。本来なら澄んだ冬の空の方が、鑑賞するには最適なんです。
 みなさんよくご存知の、土浦全国花火競技会も秋に開催されます。

[Q]その大会でも4連覇の実績。数々の大会での勝因とは何でしょうか?
  多くの競技では「10号玉」「スターマイン」「創造花火」の3部門で競います。
 勝因といっても、技術的に大きな差があるわけではないんです。その時々の出来や勢いも左右します。花火の仕事というのは「企画」して「作り」そして「打上げる」まで。どんなに時間をかけても1発は1発。ある意味「潔さ」の勝負かもしれません。

[Q]花火を見る機会が多くなる季節。ベストな鑑賞方法はありますか?
  まず光と音の伝わる速度が違うので、そのズレを感じない半径約340m以内。
 一番の臨場感と迫力が楽しめます。さらに風上なら煙も気にならないでしょう。
作業風景01   野村陽一さん   沢山の賞状の数々
■日本が誇るべき花火職人の技術
 世界的に見ると、ポルトガルやスペイン、イタリアなどラテン諸国は花火の歴史も古く、盛ん。しかし日本ほど「一発」の美しさにはこだわってはいない。
 一玉の花火に技術の粋を込める。美しい円を描く菊型花火を伝統として残す、花火職人の世界には、日本人の「ものづくり」の特質が色濃く反映されているのだ。
■千波湖花火大会は全国有数のロケーション
 水戸という県都の中心部であり、湖畔で打上げる花火。すぐ隣には名所・偕楽園。湖上にも映える千波湖の花火は、全国でも珍しい最高レベルの花火鑑賞ポイント。
 「誇りにすべき大会であり、もっと大きな規模で実施されて欲しい」

 花火を上げることに多くの予算がかかると思われがちだが、手頃な花火ならもっと気軽に打上げられる。個人でも商店街でも。花火は気概で上げるものだから。
 野村さんは、もっともっと花火を身近に感じて欲しいと話す。
10号玉   作業風景02   花火の土台となる器
■注目すべき最初の1発!
 6月。野村花火工業の工場敷地に、分厚く重ね張りされた10号玉。
 多くの花火師が製品ごとにスタンプを押すところ、野村の花火では一玉ずつ丁寧に毛筆で名前を書き、思いを吹き込む。
 今年8月7日夜、千波湖に上がる1発目の花火にどうか注目して欲しい。  この1年、日本の夜空を席巻した野村花火の「気概」を見ることができる。

 

 
CM斧E叩/td>
MITO-TVコマーシャE/td>
ぷEァΚ知らせ/td>
MITO-TVプE璽鵐肇泪ジン「ぷぁΟァψはしばらくお休みとなります。br /> 春から装いも新たに「アE垢凌后廚寮験莨霾鵑鬚届けすぁ縦蠅任后br /> お楽しみに!!

MITO-TVとは… | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 会社概要 | 掲載店募集 | 採用情報 | site map
copyright (c) MITO-TV All Rights Reserved.