MITO-TVは水戸の地域密着型コミュニティサイトです

 
トップページ ショップ検索 掲載について 取材レポート
TOP > 最新レポートch  > ドキドキ職場体験!〜動物病院篇
  24時間放送
 

いしかわ動物病院(笠間市)MITO-TV登録店「中学生が感じた職場のリアルとは?」

■職場体験の意義って?
 国立教育政策研究所の調べ(H16)によれば、全国10,240校の公立中学校のうち、およそ9割の学校で実施している職場体験。
 いわゆる教育課程の中でも「総合学習」と呼ばれるカリキュラムの一環で実施されています。
 職場体験は、生徒が直接働く人と接することで、実際的な知識や技術・技能に触れる体験を通して、学ぶことや働くことの意義を理解することが学習目標になっています。
 今回の取材にご協力頂いた笠間市立笠間中学校の先生のお話では、早くから社会の職業意識に触れることで、多くの効果が現れているそうです。それは不登校生徒の減少だったり、家族観にも変化が現れたり。そして重要なポイントは、何より体験する現場、つまり職場の在り方であり受け入れ側の体制なのです。
 
■8月10日月曜日、いしかわ動物病院で
 では実際の職場体験とはどのような形で行われているのでしょうか?
 学校側の要請で何度も職場体験を受入れている笠間市内にあるいしかわ動物病院にお邪魔しました。インタビューでもお話してもらえましたが、「職場体験は職場見学ではない」こと。
 普通にスタッフとして扱ってこその実体験になる。この部分を充分に理解した受け入れ先でないと、きっと生徒には何も残らないのかもしれません。その点で獣医の石川院長先生は、よく通る声で生徒に指示を出し、専門的なことまで説明するなど、正に適任の方でした。
■限られた時間で、何を体験させられるのか?
 朝一番から、動物入院室の掃除を始める2人。元々志願して来ただけあって、動物好きな様子です。続く爪切りやシャンプーも、ペットの種類や病状に応じた洗い方など、説明を受けながら業務が進み、付き添う病院スタッフも手を動かしながら指導。決して体験生徒をお客様扱いしません
いしかわ動物病院 真剣に指導を受ける  
■職場体験中に急患!生徒たちは?!
「2人とも、ちょっと来て!」
 石川院長が2人を処置室に呼びます。そこには、耳の後ろが血だらけのテリア。先生は、はっきりと言います。
「血が気持ち悪いと思うけど、しっかり見てて」そのケガがなぜ起きて、ここではどのような処置をするのか。
 笑顔が消え、真剣な眼差しに変わる2人。

 動物病院では、犬や猫の頭をなでたり毛のトリミングだけしているわけではなく、それ以外の動物も扱い、彼らの出産や死とも向き合う現実があることに触れます。

「ウチの子(犬)が、食べてもすぐに吐いてしまうんです!」
 急患の犬も飛び込んできます。心配そうな飼い主の表情。じっとして元気のない中型犬。立ちつくす生徒たち。それでも、2人に向かって石川先生は平然とたずねます。
「君たちはどう思う?」
 職場のリアルとは、つまりこういうことなのだ。
 答えようもなく黙り込む生徒たち。ニコニコうなずく石川先生。
■石川先生が期待するのは、生徒の「これから」
 当然、中学生に急患の犬の病状など、わかるはずもない。つまり先生は、この職業に就くためには、この「わからない」を解決しなければならないことを伝えたいのかもしれません。

 体験した生徒さんは、MITO-TV取材班にこう答えてくれました。
「わからないことだらけだったけど、それでもこういう仕事をしたい」
 いしかわ動物病院の通路には、これまで体験した生徒さんの感謝の寄せ書きがたくさん張られています。その理由が、よくわかった1日でした。 (ひかり)
職場体験をした笠間中の生徒2人   爪の切り方を教わっています   石川院長先生
いしかわ動物病院 
〒309-1625 笠間市来栖265-3 tel:0296-72-9867
9:00〜12:00/16:00〜19:00
定休日:火曜日午前の診療、日、祭日休診(予約診療)

 

 
CM斧E叩/td>
MITO-TVコマーシャE/td>
ぷEァΚ知らせ/td>
MITO-TVプE璽鵐肇泪ジン「ぷぁΟァψはしばらくお休みとなります。br /> 春から装いも新たに「アE垢凌后廚寮験莨霾鵑鬚届けすぁ縦蠅任后br /> お楽しみに!!

MITO-TVとは… | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 会社概要 | 掲載店募集 | 採用情報 | site map
copyright (c) MITO-TV All Rights Reserved.