MITO-TVは水戸の地域密着型コミュニティサイトです

 
トップページ ショップ検索 掲載について 取材レポート
TOP > 最新レポートch  > 鉄道ぶらり旅 〜常陸鴻巣篇
  24時間放送
 

鉄道ぶらり旅 〜常陸鴻巣篇

 茨城県は圧倒的に車社会。鉄道で移動できる範囲よりも、車で移動する場所の方が断然に多く、2007年の調べでは一人当たり1.58台で全国7位。ほとんどの家に一台以上の車があります。車がなくては日常生活が不便でなりません。
━━━が。
 実は今密かに鉄道ブームが再燃焼。時刻通りに走る電車の車窓から、ゆったりと景色を眺めながら過ごす時間が注目を浴びているのです。
 今度の休日にはローカル路線の旅をして、忙しない日常を少しだけ離れてみては?
 というわけでMITO-TVはふらりと立ち寄った駅の周りの街並みを、不定期にお届け致します。
水郡線常陸鴻巣駅  
■水郡線・常陸鴻巣駅(ひたちこうのすえき)
 水戸駅から出ている水郡線は、水戸と郡山をつなぐローカル路線です。郡山、常陸大子に向かう線と、途中分かれて常陸太田に向かう線がありますが、どちらもほとんど単線で、車両は大体ニつ程。ドアも自分で開閉したり、無人の駅も多く、常陸鴻巣駅もその一つ。
 電車が止まった駅の周りは、ちょっとだけ時季遅れのひまわりの花が咲き並んでいて、駅のすぐ前に山から切り出したままの木がいっぱいゴロゴロ・・・・。なんだろうと降り立ったのがここ、常陸鴻巣でした。どうやら木がいっぱいあるのは、すぐ前が材木屋さんだからのようです。
  ともかく、今回はここをぶらり旅の第一弾と決め、さっそく駅の周辺を探索に出かけました。
水郡線・常陸鴻巣駅 水郡線・常陸鴻巣駅  
■ふれあいファーム芳野
 駅を出てすぐの道路は、線路と平行にのびています。まずはその道を右手に向かい歩いてみました。しばらく歩くと左手に池が見え、その向こうに建物が見えます。ガードレールに「芳野農産物特売所」の文字が。どうやら最近流行の直売所のよう。「めだか」と書いたのぼりも見えて、まずはそこを覗いてみることにしました。
 入口には花や苗、鉢植えなどがおいてありました。そしてのぼりに書いてあった通りにめだかが! 目の前が池ということもあってなのか、水草なども販売されてます。中は地元生産の農産物がたくさん並べられていました。
 「ふれあいファーム芳野」は、那珂市の生産農家で組織した組合で、生産者が品物一つ一つに名前を載せて販売しています。加工品も地元加工グループによるもので、すべてが「生産者の顔の見える品」となっているので安心して購入することができます。旬の野菜はもちろん、ちょっと珍しい野菜や手づくりの豆腐、味噌、そして今の時期は地元産の常陸秋そばがありました。

○ふれあいファーム芳野 
営業時間 9:00〜17:00
那珂市鴻巣2090 TEL 029-295-8155
芳野ふれあいファーム外観   芳野ふれあいファーム前の池   芳野ふれあいファーム店前
■酒造り180年、木内酒造
 一旦駅までもどり、今度は駅から左手に向かっていくことに。こちらはちょっと歩くと十字路に当たりました。左にいくと踏み切りがあり、額田方面へ。まっすぐ行くと那珂市街地、右に行くと118号方面で、途中に一乗院があります。
 その十字路に、白と黒の外壁の年季の入った建物がありました。表の垂れ幕には「酒蔵の蕎麦」、看板には「木内酒造」の文字。お酒に目がないスタッフは、ついふらふらと中へ誘われていきました。
 一歩入るとひんやりとした空気に、照明を落とした店内。まるで蔵の中にいるようです。その中に陳列された品々を見て、「ここがあの・・・」と納得しました。茨城を代表する地ビール「常陸野ネストビール」の製造元だったのです。 180年もの酒造りの歴史を持つ木内酒造さんでは、江戸幕末に初代が醸した「菊盛」を初め、常陸野で育った米と水を使ったお酒があります。オススメを聞いたら、数量限定の大吟醸「蔵鑑」を教えてくれました。
  日本酒、焼酎の他には梅酒もあります。薦められた木内梅酒はなんと日本一に輝いたそうです。そして常陸野ネストビールのホワイトエールは、World Beer Cup2004において金賞を受賞しました。世界一のビールです。
木内酒造外観   木内酒造店内   木内酒造菊盛
■蔵+蕎麦 な嘉屋
 同じ敷地内では、大正建造の米蔵の中で手打ちの蕎麦を食べることができます。自慢は水を使わず純米酒で打った「酒蕎麦」。つなぎを使わない10割蕎麦です。その他、ランチ数量限定のレディースセットや、前菜やデザートの楽しめるコースもあります。
  蔵は一階と二階部にわかれて改装されていて、二つほど小部屋がありました。窓から見える酒蔵やノスタルジックな雰囲気を楽しみながら、手打ち蕎麦や繊細なコース料理を味わってみてください。もちろんお酒も飲むことが出来ますので、ここは是非、電車で訪れてみることをオススメします。
な嘉屋・旬の野菜の天麩羅そば  

○写真は平日ランチ数量限定レディースセット


  ・木内の畑で育った野菜のいろいろ前菜6種
  ・お好きな蕎麦
  (旬の野菜の天ぷら・冷たい蕎麦)
  ・本日のミニスイーツ
  (甘酒のプリン・梅酒の梅のコンポート)
  ・仕込水のコーヒー


  そば粉も野菜も自家製倍にこだわる蕎麦屋「な嘉屋」。蕎麦はつやがよくツルツル白っぽい感じですが、程よく弾力がありあっさりとしていて美味しかったです。野菜はさすが新鮮取立てなので甘みがあり、野菜一つ一つの味がしっかりと楽しめました。野菜が苦手な方でも、苦手意識が吹っ飛んじゃうような創作料理なので野菜を楽しみながら食べれちゃうんではないでしょうか。

な嘉屋・レディースコース前菜 な嘉屋レディースコースデザート  

木内酒造・ききさけ処   木内酒造・酒蔵   な嘉屋店内
○木内酒造(本社、蔵+蕎麦な嘉屋) 
那珂市鴻巣1257 TEL 029-298-0105
営業時間
店舗 9:00〜19:00(日・祝18:30)
な嘉屋 火水木 11:30〜14:30
金土日月・祝日 11:30〜14:30、17:30〜20:00(L.O.19:30)
http://www.kodawari.cc/
■旅の終わりに
 新鮮野菜を買って、お腹も一杯、ほろ酔いいい気分〜〜になったところで、鉄道ぶらり旅〜常陸鴻巣篇は終了。再び水郡線に揺られて水戸駅まで戻ってまいりました。さて次回はどの駅で降りてみようかな・・・お楽しみに!

 

 
CM斧E叩/td>
MITO-TVコマーシャE/td>
ぷEァΚ知らせ/td>
MITO-TVプE璽鵐肇泪ジン「ぷぁΟァψはしばらくお休みとなります。br /> 春から装いも新たに「アE垢凌后廚寮験莨霾鵑鬚届けすぁ縦蠅任后br /> お楽しみに!!

MITO-TVとは… | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 会社概要 | 掲載店募集 | 採用情報 | site map
copyright (c) MITO-TV All Rights Reserved.