MITO-TVは水戸の地域密着型コミュニティサイトです

 
トップページ ショップ検索 掲載について 取材レポート
TOP > 最新レポートch  > 商店街へ行こう!〜その後〜
  24時間放送
 


「水戸の目抜き通りを支える誇り」南町二丁目商店街振興組合

■月刊タウン誌「南街」が伝えるコト
 今月で5号目となる、南町2丁目が独自に発行しているタウン誌「南街」。
 発行部数は10000部。町内の各店舗や市民スペースに設置されている、とてもお洒落な雑誌です。商店街のガイドブック機能の他に、各店舗のこだわりの一品やキャンペーンなどを毎月細かく紹介しています。
南町二丁目商店会01
  <中村理事長のお話>
 「南街」という誌名にしたのは、2丁目ばかりではなく水戸南町全体を考慮したものです。創刊から制作費はすべて、組合の予算で賄いました。まず自分たちから動き出さないと。最近になって、ようやく行政(市)の方から「お手伝いできませんか」と話が来ましたよ。
 商店街としての活動は、行政の助けを待っていてはだめですね。まず総意の上で、すぐ
手を動かすことが大事だと思っています。
■イルミネーション、商店街を繋ぐ。
 2丁目商店街が近年力を注いでいるのは、はなみずき通りに面したイルミネーション。
師走の夜に映えるブルー系のイルミネーションは、街を華やかに彩ります。
このイルミネーションには、お隣の3丁目も参戦。競うように年々豪華になってきました。
南町二丁目商店会02   南町二丁目商店会03   南町二丁目商店会04
         
<中村理事長のお話>
 このイルミネーションも、2丁目の範囲ばかりが明るくても意味がないんです。
 もしかして水戸駅北口からずーっと、大工町のあたりまでが統一してできたら、この通り全体に「歩く」人が増えるんじゃないか。将来的には、そうなればもっと楽しくなりそうですよね。
  南町二丁目商店会05
■続けていたコトの結果「全国花のまちづくり優秀賞」
南町二丁目商店会06
  <責任者・渡辺さんのお話>
 始めた当初は、持分の店頭の花を枯らすことも多くて。今では各店舗から花についての質問も来るようになりました。それが何よりうれしいですね。国道沿いですので、国土交通省と掛け合ったり、いろんな苦労がありましたけど、粘り強く接していると何かと道は開けるものですね。今は来春のチューリップの準備をしています。
■商いをする側にこそ元気が必要
 南町2丁目の取材を通じて感じたのは、少しも行政の助けを求めていないこと。
 会長を中心に、いつも「何かできることはないか」とアンテナを張り、すぐ実行すること。予算がない、人が集まらないという弱音は一切ありません。確かに、水戸を代表する目抜き通りに面した商店街ですが、一連の駅前空洞化現象の例外ではないのです。
南町二丁目商店会07   南町二丁目商店会08   南町二丁目商店会09

 

 
CM斧E叩/td>
MITO-TVコマーシャE/td>
ぷEァΚ知らせ/td>
MITO-TVプE璽鵐肇泪ジン「ぷぁΟァψはしばらくお休みとなります。br /> 春から装いも新たに「アE垢凌后廚寮験莨霾鵑鬚届けすぁ縦蠅任后br /> お楽しみに!!

MITO-TVとは… | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 会社概要 | 掲載店募集 | 採用情報 | site map
copyright (c) MITO-TV All Rights Reserved.